お客さま本位の業務運営に関する方針に基づくKPIの公表について

お客さま本位の業務運営に関する方針に基づくKPIの公表について

*KPIとはkey performance indicatorの略で、当方針の達成度を評価するための指標をいいます。

 石川商事株式会社は、2019年4月1日に「お客さま本位の業務運営に関する方針」を策定し公表いたしました。
 今般、「お客さま本位の業務運営に関する方針」にかかる取組みの定着状況を客観的に評価するためにKPIを公表いたします。
 当社は、今後も業務運営の状況について改善・工夫を心がけ、お客さま本位の業務運営をより一層推進してまいります。

1.ご契約先数 30,956先(2022年3月末)
損害保険契約先数 個人 13,930先
法人 1,045先
14,975先
生命保険契約先数 個人 15,779先
法人 202先
15,981先

※ご契約先数はお客さまの当社評価を最も端的に反映することから選定いたしました。

2.お客さまアンケート

対象者   幹事保険会社である損害保険ジャパン(株)のご契約者さま
対象期間  2021年4月~2022年3月
有効回答  369件

項目 設問内容 選択肢 割合
他者推奨意向 ご家族や知人、同僚の方から保険の加入の相談を受けた場合、現在の代理店をおすすめしてもよいと思いますか? 思う 41.3%
中立 33.4%
思わない 25.3%
100.0%
総合満足度 代理店の手続きや日頃の対応の満足度としてあてはまる数字を1つお選びください 9~10 51.3%
7~8 30.8%
5~6 17.9%
0~4 0.0%
100.0%

※ご意見やご要望、ご不満等の「お客さまの声」にしっかりと耳を傾け、誠実かつ迅速にお応えするよう努めているかを測るKPIとして選定しました。
※お客さまアンケートに関しましては、より多くの保険会社のお客さまの声をお聞かせいただくよう検討を重ねてまいります。

3.損害保険満期契約継続率(2021年4月~2022年3月)

火災・新種保険  90.6%
自動車保険    97.0%

※損害保険満期時の継続率は、お客さまが再度当社をご選択いただいた結果を反映することから選定しました。
また、「損害保険満期継続率」の上昇に寄与する指標として、以下の2つの指標を公表いたします。

①自動車保険28日前早期更改率(当社推奨3社 2021年4月~2022年3月)

損害保険ジャパン  76.6%
三井住友海上    69.8%
東京海上日動    78.8%

※28日前早期更改率とは、自動車保険の満期契約(法人のご契約を除きます)に対して、お客さまとの継続手続きが満期日の約1ヶ月前(28日前)までに完了した契約の件数割合をいいます。

②携帯電話番号入力率(個人 2021年4月~2022年3月)

火災保険   75.2%
自動車保険  95.3%

※携帯電話番号入力率とは、火災保険や自動車保険の申込書(新規と継続のご契約)における、お客さまご連絡先欄に「携帯電話番号」をご記入いただいたご契約件数の割合をいいます。
※当指標についてデータを開示しているのは幹事保険会社である損害保険ジャパンのみであり、損害保険ジャパン1社の数字となっております。

4.生命保険25ヶ月目ご契約継続率

対象期間  2021年4月~2022年3月
継続率   94.4%

※ご契約より24ヶ月以内の解約等発生状況を定期的に把握することにより、お客さまのご意向を適切に確認の上契約されているかを検証するため選定いたしました。
※生保25ヶ月目継続率とは、対象期間に25ヶ月目を迎えられた新規のご契約に対して、25ヶ月目に継続しているご契約の件数割合をいいます。

 

2022年7月公表