業務運営方針

「お客さま本位の業務運営に関する方針」

石川商事株式会社

石川商事株式会社(以下、当社)は、経営方針「当社は、保険業務(損保、生保部門)および不動産事業等を通じた総合金融サービスの提供により、地域顧客ニーズヘの対応を図り、地域社会に貢献するものとする。」に基づき、「お客さま本位の業務運営に関する方針」(以下、業務運営方針)を制定・公表し、業務運営方針に基づいた取組みを継続的に実施します。

・当社は業務運営方針の取組状況をモニタリングしたうえで、その結果を定期的に公表します。また、モニタリングの結果に応じて業務運営方針を見直し、「お客さま本位の業務運営」が企業文化として定着するように努めます。

1.お客さまの最善の利益の追求

当社は、職業倫理を保持し、自ら持つ専門知識を最大限に発揮しつつ、お客さまに対して誠実・公正に業務を行い、お客さまの最善の利益を追求いたします。

【アクションプラン】
・ご意見やご要望、ご不満等の「お客さまの声」にしっかりと耳を傾け、誠実かつ迅速にお応えするよう努めます。


2.利益相反の適切な管理

・当社は、取引におけるお客さまとの利益相反の可能性について正確に把握し、利益相反の懸念がある場合には、適切に管理します。

【アクションプラン】
・お客さまに提供する保険商品・サービスは、特定の保険会社に偏ることなく、お客さまの多様なニーズにお応えできる品質の高いものを選定します。
・保険募集管理規程および保険募集マニュアルに則ったお客さまのご意向把握、比較推奨販売、重要事項説明などの適切な実施を通じて、お客さまの利益が不当に害される取引を防止する適切な保険募集体制の構築・管理に努めます。


3.重要な情報のわかりやすい提供

当社は保険商品・サービスの提案・販売等を行うにあたって、お客さまが保険商品・サービスを選択する上で重要な情報について、お客さまの保険商品に関する知識、理解度や過去のご経験をはじめ、保険商品・サービスの複雑さに合わせて分かりやすく丁寧にご説明します。

【アクションプラン】
・当社は、申し込みに際し、お客さまに保険商品の内容・仕組みをご理解いただくために特に重要な情報を記載した「契約概要」(設計書)と、ご加入にあたって特にご注意いただきたい情報を記載した「注意喚起情報」を交付し、十分な説明を行うよう努めます。また、説明にあたっては、お客さまに正しくご理解いただくために「専門用語を平易な言葉に言い換える」「重要な事項を強調した資料を用いる」等の工夫を行います。
・特に、ご高齢者のお客さま、および障害をお持ちのお客さま等、特に配慮が必要なお客さまについて、保険商品の内容壮組みについて、誤解が生じることがないよう、お客さまの特性に応じて分かりやすく丁寧に説明を行います。
・保険会社・商品の推奨については、お客さまに「生命・損害保険商品のご提案にあたって」を使用し、推奨保険会社の選定理由等をご説明します。


4.お客さまへのふさわしいサービスの提供

当社は、お客さまの資産状況、取引経験、年齢、金融知識及び取引目的・ニーズ等を確認し、お客さまにふさわしい保険商品・サービスの提案・販売等を行います。

【アクションプラン】
・当社はお客さまの幅広いニーズにお応えしていくために、生命保険会社・損害保険会社の様々な商品を取り扱います。お客さまの利便性を考慮して、すべての取扱保険会社の中から、予め推奨する保険会社を選定したうえで保険募集を行うこととしています。そのうえで、さらにお客さまのご意向をお伺いして、選定会社の商品の中からお客さまのご意向に合った商品について説明します。
・既にご契約いただいているお客さまに対しても、契約内容の変更等保険の見直しを含めて継続的にアフターフォローを行う体制を維持しています。お客さまのお問い合わせや各種手続き等については、状況に応じ、対面、非対面、サービスセンターでの対応等、様々な受付体制を構築してまいります。
・また、万が一、保険事故が発生した場合においても、保険金の請求にあたり適切な助言に努めます。


5.従業員に対する適切な動機付けの枠組み等

当社は.お客さまの信頼を得るために努力し、お客さまに満足していただくために、学び続ける従業員を評価することで、従業員に対する適切な動機付けを図ります。

【アクションプラン】
・当社では、研修による指導や外部専門資格取得の推奨を通じて、保険商品の内容や仕組み等への理解を更に深めるとともに、お客さまの様々なニーズにお応えできるコンサルティング能力を備えた従業員の育成に取り組みます。
・社内監査や意向把握シート・活動記録等の点検など業務運営状況に関する各種モニタリングの実施を通じて、業務運営方針の浸透・定着に取り組む態勢の整備に努めます。


以 上
2019年4月1日制定